精子バンクやAID(非配偶者間人工受精)などの、第三者の精子提供で生まれた子供を持つ、もしくは検討中である方向けのコミュニティに関する記事です。また、精子提供を利用される親だけではなく、当事者同士の団体等も存在します。

AID(非配偶者間人工受精)

すまいる親の会.com

活動目的

無精子症と診断された夫婦が子どもを授かりたいと希望した時に様々な角度から相談しあえる自助グループです。 AIDで家族になることを検討している方や、男性不妊症(特に無精子症)などでお悩みのご夫婦が相談したり、情報交換のできる場が設けられています。

活動内容

AIDで親(家族)になった方、AIDで家族になることを検討している方の情報交換をメインに活動されています。より良い家族づくりに向けた「勉強会」(年2回開催)で学習したり、AID(非配偶者間人工授精)を選択した家族についての情報交換なども行われています。AIDで家族になった親子のためのキッズ会も年1回開催されています。

勉強会では、無精子症と診断されたご夫婦のお話や、提供精子で生まれた方のお話、医療関係者からのお話、養子縁組に関するお話など、ご夫婦が今後選ぶ可能性のある道について参考になるお話を聞くことが可能です。

その他、生殖医療の法制化に向けた活動なども行われています。

参加するには

会員は登録制ではなく、ボランティアで運営されています。参加を検討される方はホームページに記載されている連絡先へ問い合わせてみてください。

ホームページ(HP)

http://sumairu-oyanokai.com/index.php?FrontPage

子宝ねっと(AID)

「子宝ねっと」は、主に不妊に関する悩みを抱えている方のためのコミュニティサイトです。その中に「AID」を中心とした話題が集まる掲示板が存在します。トピックに書き込んだり、自分でトピックを作成することも可能です。

AIDで治療中または検討中の方向け

主に、現在AIDで治療中の方や、これからAIDの検討を考えている方に向けた情報が集まっています。悩みの相談や治療や病院に関する情報交換など、様々なトピックのスレッドがあります。

病院探しのヒントになるような情報もあるため、なかなかAIDを実施してもらえる病院が見つからないという方は、こちらの掲示板の情報をもとに探してみるのも良いでしょう。

参加するには

はじめて利用するには、「ニックネーム登録」が必要です。また、利用者によって書き込める掲示板が異なるため注意が必要です。「一人目不妊」に相当する方(治療中~妊娠報告まで)は、全ての掲示板で書き込みが可能です。

ホームページ(HP)

http://www.kodakara.jp/dansei_funin/aid/bbs.html

LGBTカップル

mixi

mixi(ミクシィ)は、もともとは招待制のSNSでしたが、現在は登録も可能になりました。コミュニティで様々な情報を共有することが可能です。

twitterやfacebookの台頭により、利用者は激減しましたが、コミュニティの活動が続いているところも少なくありません。コミュニティ内の繋がりが他のSNSと比べて強い所も特徴です。オフ会などの情報を探すこともできます。

LGBTカップル向けのコミュニティも

「LGBT」カップル向けのコミュニティの中に、子供を持つことを考えている方向けのコミュニティも存在します。参加資格を良く読んでから参加申請するようにしましょう。

参加するには

コミュニティに参加するには、参加の承認が必要なものがあるため、誰もが自由に参加できるというわけではありません。参加申請して認められた方のみが、コミュニティを利用できます。アカウントを持っていない場合は、まずは自分のアカウントを作成する必要があります。

ホームページ(HP)

https://mixi.jp/

家族を持ちたいLGBTコミュニティ

その他、「LGBT」カップルを中心とした交流をされているコミュニティの一部をご紹介します。

コミュニティ URL
にじいろパレット http://ameblo.jp/nijiiro-palet/
RFC~Rainbow Foster Care~ http://rainbowfostercare.jimdo.com
定形外かぞく http://teikeigai-kazoku.jimdo.com
GD http://gdforum.wix.com/gsdq
こどまっぷ -LGBTQ子どものいる未来 http://www3.hp-ez.com/hp/kodomogahosii0lg/

精子提供で生まれた当事者

AID(非配偶者間人工受精)

DOG(Donor Offspring Group)

「DOG」は、第三者の精子提供である非配偶者間人工授精(AID)で生まれた当事者の自助グループです。当事者の立場から、「AID」技術の問題点や、今考えてほしいことについて考察されています。「AID」に関わらず、今後第三者の精子提供で子どもを持つことを考えている方は是非、当事者の声に耳を傾けてみて下さい。

ホームページ(HP)

http://blog.canpan.info/dog/

 

 

掲載するコミュニティにつきましては、今後も更新していく予定です。情報をお持ちの方で、情報提供していただける方は是非ご協力お願い致します。