精子提供ボランティア自体への賛否についてはまた別の機会に触れさせていただきます。

こちらの記事では、精子提供ボランティア(以下ドナー)との妊活が、実際どのような形で進んでいくのかについて触れます。あくまでも私の経験をもとにしたお話になりますので、ドナーさんによって考え方や方法について異なる所はたくさんあるかと思います。

第三者からの精子提供での妊活をスタートされる方、もしくはその可能性のある方に是非参考にしていただけたらと思います。

パートナー同士の妊活と同じようにはいかない?

ご結婚されている夫婦や事実婚のパートナー同士でしたら自然に進められるようなことも、それまで面識のなかった方と、しかもいきなりとなるとなかなかうまくいかないことも多いのではないのでしょうか?

本来ならば時間をかけて信頼関係を築いてきたパートナーと行う共同作業を、短い期間で知り合った相手と行うのですから当然のことだと思います。

思うようにいかずに、関係がすぐに終わってしまうようなことも少なくないかもしれません。

私はお互いを思いやることが関係性を長く保ち、成功(妊娠→出産)へと結びつけるために大切なことだと思います。

思いやりといっても特別難しいことではございません。

  • 約束をきちんと守る
  • 相手を尊重する
  • 報告・連絡を怠らない

この3つをお互い欠かさずに行うだけで十分です。一見当たり前のことのようでも、完璧に守れる人は案外少ないと思います。

1度や2度のチャレンジでうまくいくようなことは稀なケースです。数か月、1年と長いチャレンジ期間を経ることもときには必要になるでしょう。

例えば提供者さんが複数の希望者さんを抱えておられたとします。片方は約束をきちんと守り、自分のことを尊重してくれるような希望者さんで、もう片方はいい加減な対応しかしない希望者さんだったとしましょう。

その二人が同時期に排卵を迎え、どちらか片方にしか提供が難しいとなったら…提供者さんがどちらの方を優先されるかは明らかですよね?

提供者さんも当然人間ですから、相手に大切に扱ってもらいたいのでしたら自分も相手を思いやることを忘れないようにしましょう。

生物学上のパートナーになろうとするわけですから、短い期間や限られた出会いの中であっても、お互い信頼関係を築く努力は怠ってはなりません。

双方の予定の調整が難しい

これが一番大変な所かもしれません。お互いのスケジュールを調節するのは大変骨が折れる所だと思います。妊娠できる機会は年に最高でも12回と限られていますので、数少ないチャンスを無駄にしないためにも予定の調整は非常に重要になります。

排卵時期を正確にはコントロールできない

排卵の時期をある程度予測することは可能でも、「この日を排卵日にしたい」というようなことは不可能です。だいたいは想定していた日から数日はズレてしまうことが多いです。

シリンジ法の場合でしたら、早朝や深夜の時間帯に約束して提供してもらうことも可能ですが、人工授精や体外受精のような病院やクリニックを利用される場合ですと、日時を指定されてしまうようなケースが少なくありません。

しかもその日時の決定が前日であったりするようなことも特別珍しくはないため、ドナーとうまく調整がつかないことがございます。

不妊治療も視野に入れた提供を想定している場合、あらかじめ予定の変更や直前になってからの提供依頼にどの程度対応してもらえるかをドナーに確認しておきましょう。

ドナーが多忙過ぎて提供日を確保できない

優秀なドナーほど多忙な方が多い傾向にあります。そのため貴重な時間を割いていただくことを考えますと、自分と相手の活動エリアがあまり離れていると、提供していただく機会が減少してしまいかねません。

ドナーを探す際には、相手の居住地や活動エリアについても重視した方が、長く関係を保ちやすいかと思われます。忙しくてなかなか日程を調整しづらい場合でも、近場の提供者ならば都合が付けやすくなります。

「相手が忙しすぎて提供関係を解消してしまった」というケースは少なくありません。なるべく遠方の提供者は避けて近場でご提供していただけるドナーを選択する方が賢明かもしれません。

各提供方法での注意点

選択する提供方法により、提供者さんの対応も変わってくるかと思います。一緒に暮らす夫婦間ならば特に問題にならないようなことでも、ドナー相手となると障壁になり得ます。

シリンジ法

お家でシリンジ法を試す場合ですと、旦那様にお部屋で採精してもらってすぐに注入すれば終わりです。ところが第三者から提供していただく場合、

  • 待ち合わせが必要
  • ドナーの採精場所の確保
  • 注入場所の確保(採精から注入までの時間をできる限り短縮)

等調整が必要になることが発生します。

もちろん駅で待ち合わせて公衆トイレで採精してもらうということも可能です。お金もかかりません。

ただ、どちらの立場にとっても不衛生な環境での採精→注入はあまりオススメできません。

特に現在のような新型コロナウイルスが巷に蔓延しているような状況であると、とくに提供者からは敬遠されやすいかと思います。

あまり実践している希望者さんは少ないかもしれませんが、トイレのような不衛生な場所ではなく、ビジネスホテルの個室等どこかお部屋を用意し、そこで採精してもらうという方法をとれば、ドナーさんにも喜んでもらえるかと思います。

採精した後に入れ違いで自分も利用できるような場所であれば、採精から注入までの時間をかなり短縮できるため、夫婦間でのシリンジ法と限りなく近い環境を再現することができます。

ただし、用意するお部屋によってはチェックインやチェックアウトの際に名前等を確認されます。お部屋を用意する場合は自分の個人情報を相手に漏らさないように注意しましょう(匿名での提供を希望する場合)。

 

採精からあまり時間が経ちすぎていると、温度や湿度・光の影響などを受けて精子の受精する力が弱まってしまいます。

また不衛生な場所で採精すると当然雑菌が繁殖してしまい、注入後のトラブルにもつながり兼ねません。

なるべく正しい方法(パートナー間で行う方法)に近づけて実践するようにしましょう。

人工授精

基本的にはシリンジ法と同じような形で提供していただくことになるかと思います。

ただし、一つだけ違いがございます。シリンジ法の場合は採精容器を提供者さんに用意してもらうことも可能ですが、人工授精や体外受精の場合、病院が指定している採精容器に採取する必要があります。

そして、病院やクリニックによっては採精室のような場所があり、そこで採精する必要があるような病院もございます。

あらかじめ、自分の通院しているクリニックがどういった形で採精する必要があるのかを確認しておきましょう。

もちろん、病院まで一緒についてきてもらえるドナーさんの場合でしたら、その点の問題については大丈夫です。

体外受精

体外受精の場合も、人工授精と同じく病院指定の採精容器に採精する必要がございます。

そして、院外での採精を許可していないところがあるのも同様ですので、注意が必要です。

精子を一度凍結して利用する場合は、ある程度日程に融通を利かせることができます。

提供者さんの空いている予定を確認して、その日にあらかじめ提供してもらいましょう。

タイミング法

タイミング法での提供には賛否両論あるかと思いますが、この方法を利用している希望者さんも少なくはないかと思われます。

私はタイミング法での提供を批判するつもりはございませんが、もし希望される場合は十分な注意が必要です。

ドナーが定期的に性病検査を受けているかどうか

タイミング法での提供を行っているドナーさんは、当然ですが複数の希望者さんと性交渉を行っている可能性が高いです。

そうなりますと、当然ですが性病にり患している確率が、タイミング法での提供を行っていないドナーさんよりも高くなります。

ドナーさんが、きちんと定期的に性病検査を受けて、陰性であることを証明されているかをあらかじめ確認しておきましょう。

なおタイミング法での提供を行っていないドナーさんだからといって必ずしも安全であるという訳ではないのでご注意ください。

当然、その方がプライベートで不特定多数の女性と性交渉を持つ機会がないとは限りません。

いずれにせよ、きちんと定期的に検査を受けて結果を見せられるという方を選ぶのが良いでしょう。

タイミング法でしか提供しないというドナーは要注意

なかにはタイミング法でしか精子提供をしないというドナーさんがいらっしゃいます。

あまり希望者さんの意向に沿った形で提供活動をされているとは思えません。

そういった方の中には、タイミング法自体が目的で活動をされているような方もいらっしゃると思われます。

なるべく、希望者の気持ちに寄り添って提供していただけるようなドナーさんを選ぶようにしましょう。

あくまで自己責任で

タイミング法に限った話でもありませんが、あくまでも希望者と提供者という関係性には変わりありません。

お互いに合意があり、それ以上の関係に発展させても良いという場合を除き、お互いに節度を守るようにしましょう。

辛抱強く継続できるかどうか

夫婦間の妊活と同じく、どれだけ辛抱強くチャレンジし続けられるかはやはり大切だと思います。

1回目や2回目のチャレンジでめでたく妊娠→出産まで漕ぎ着けられるような方は稀でしょう。

やはりある程度の数(周期)をこなさなければ、なかなか結果には繋げにくいと思います。

そのためには、信頼できるドナーを見つけて良好な関係を続けていくことが重要なのではないでしょうか?